2013年10月15日

いぬの散歩はリードをつけて

暑さも一段落して、散歩にいい季節が来ました。私も散歩のお供に犬(ビーグル)を連れて行きますが、犬の散歩をしている方にたくさんお会いします。

それにつけても、ノーリードの犬の多いこと。マナーを守りましょうよ。どこの公園でも、どこの街でも、リードを付けるのがルールのはずです。

他の犬に飛びかかるし犬ばかりか人間にも飛びかかります。リードをつけていないので、飼い主から離れて糞をしてしまっても、飼い主は気が付かず、片付けられない。片付けない。これでは、いぬの市民権が何時までたっても、認められるわけがないと思います。

良いか悪いかは別として、この社会は人間の社会です。それに共存してもらうには、人間の生活のルールに従ってもらわなければなりません。いぬですから、自分で従えるわけがありません。

人間である飼い主が、飼い犬のためにルールを守ってやらなければならないのです。我が家の近所でも、今までは自由に入れたお寺の境内が、最近、犬の立ち入りを禁止し始めました。

伺ってみると、やはりフンの始末に困ってのことだということです。飼い主の皆さん、かわいい愛犬のために、ルールを守ってあげましょう。まず飼い主から。
posted by dog at 16:47| 日記